Youtuberとして稼げなくなっても収入が途絶えない人たちも多くいる

Youtuberという仕事は将来が心配という声がよく聞こえてきます。 サラリーマンの仕事も安泰とは言えないような時代ですけど、Youtuberはさらに将来が心配なのでしょう。 確かにYoutuberという仕事がいつまで残っているのか?は不明ですけど、仮にYoutuberとして稼げなくなっても、有名なYoutuberはお金に困ることはないと思うのです。 有名なYoutuberというのは、明らかに知名度があるわけで、そこが一般人とは違います。 普通のサラリーマンに関しては、自分を知っている人間は自分の生活圏以外ではほとんどいません。 しかし、有名なYoutuberは日本中に自分たちを知っている人たちがいるわけで、ファンも大勢いるでしょう。 そういった人たちは、Youtubeで稼げなくなっても、別の機会で稼ぐチャンスがあるはずです。 有名Youtuberは芸能人に近い存在なので、タレント活動に近いことができるわけです。 何かしらのイベントを実施すれば、それにお金を払ってくれる人たちは一定割合いると思います。 そういったことはサラリーマンではまず無理なのです。 サラリーマンは一般的な知名度がほぼ皆無なので、タレントのような活動はほぼできないでしょう。 しかし、有名人にはそれができるということで、Youtuberとして有名になってしまえば、いくらでもお金を稼ぐ手段は見つかると思います。 そうなると、いずれYoutuberとして稼ぐことができなくなるとしても、その間に知名度を向上させることができるならば、それはYoutuber以外での収入を確保することができるチャンスになります。 したがって、Youtuberという職業が消えても、別の形で相変わらず収入を得続けられるということになります。 長期的に見たら、サラリーマンよりもYoutuberの方が実は堅実なのではないか?と思える余地が存在するのです。 もちろん、これは有名になれた場合の話なので、全てのYoutuberが結果的に知名度を獲得できるわけではありませんが。 しかし、Youtuberがサラリーマンと比べて将来が不安か?と言えば、一概にそうは言えないのです。 Youtuberにも格差はありますけど、サラリーマンの中にも格差はありますから、どっちが将来安泰か?というと、それは向き不向きもあるので、一概には言えないのです。 Youtuberをやっていた方が良かったと言えるような人もサラリーマンの中にはいると思うので、Youtuberという仕事がサラリーマンよりも安定性で劣っていると評価するのは間違いだと思います。